学生・実習希望の方へ
実習案内
実習生からの声
職員からのメッセージ
学生・実習希望の方へ
学生・実習希望の方へ
製薬会社の方へ
製薬会社の方へ
院外薬局の方へ
院外薬局の方へ
求人情報
求人情報

佐賀大学医学部附属病院薬剤部

実習案内

薬剤部では、これまで、薬学部の学生の長期実務実習や他施設で勤務する薬剤師の実習を受け入れ、多くの方に当院における薬剤師の業務を学んでいただいています。

このページでは、当院薬剤部における実習や就職を希望する学生に向けて、実習内容の案内、これまでに実習で学んだ学生からの声および勤務する薬剤師からのメッセージを掲載していますので参考にしてください。

病院における薬剤師の業務は、調剤のみならず多岐にわたります。また、当院では病棟薬剤業務実施加算を算定しており、薬剤師の病棟配置を進め病棟業務の充実化を図っているところです。したがって、元気で意欲ある学生の実習および入職希望は大歓迎ですので、ぜひ私たちと一緒に学び、働きませんか。施設見学も受け入れていますので、興味のある方は遠慮なくお問い合わせください。

電話問い合わせ先
 薬剤部 副薬剤部長 木村まで

薬物療法支援業務

実習目標
患者さんが入院から退院するまでの間、より安全で効果的な薬物治療が行えるように支援する

抗がん剤調剤業務

実習目標
科学的根拠に基づいた、安全で効果的ながん化学療法が提供できる抗がん剤調製業務

医薬品情報管理業務

実習目標
病院での医薬品情報体制の理解
情報の収集・評価・加工の実習
情報提供の実習

調剤業務

実習目標
病院調剤業務の全体の流れの理解
計数・計量調剤ができる

注射薬調剤業務

実習目標
注射剤調剤の流れの理解
特別な配慮を要する医薬品の理解
医薬品の使用

院内製剤業務

実習目標
院内製剤の必要性を理解し、科学的根拠に基づいた、安全で効果的な院内製剤を調製できる院内製剤業務

薬務業務

実習目標
医薬品管理・供給・保存の理解

薬物血中濃度モニタリング業務 (TDM)

実習目標
TDMのデータを解析し、薬物治療の適正化に貢献する

治験薬管理業務

実習目標
治験依頼者(通常、製薬会社)から治験薬を受け入れ、これを管理し、治験終了時に依頼者へ返却できる

チーム医療

実習目標
医療チームにおける薬剤師の役割を理解する

その他

page top

実習生からの声

11週間の実習では、調剤、抗がん剤・院内製剤・TPNの調製、医薬品の管理、情報収集など様々な業務を体験させて頂きながら病院における薬剤師の役割について学ぶことができました。中には初めて知った薬剤師の業務もあり、想像以上に幅広い業務があることを知りました。外来の診察をはじめ薬剤部以外の見学もさせて頂き他職種の業務や薬剤師との関わりなど他の病院実習でもなかなか学べないような貴重な経験もさせて頂きました。

臨床現場では薬学に関する専門的な知識から疾患や検査方法など幅広い知識が求められ、日々変化に対応していかなければならないことを感じました。特に実習期間が長かった病棟業務では、直接患者さんに会い話をする中で患者さんが抱えている問題に対し薬剤師としてどのように介入できるのか学ぶことができました。また、生死について改めて深く考えさせられる場面も多く、自分自身が実際に感じたことや先生方の体験談を通して、薬剤師も命に携わる現場で働いているということ痛感しました。
薬剤師の先生方が患者さんだけでなく医師や看護師から頼りにされている姿や各種カンファレンスで、他職種と情報を共有し薬学的な観点から様々な提案をされている姿を拝見し、専門的な知識を活かし必要とされる薬剤師になりたいと将来について具体的に考える機会になりました。

ご多忙にも関わらず薬剤部の先生方には、とても親切、熱心にご指導いただいき、恵まれた環境で実習することができました。病院で学んだことを今後の学生生活に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。 (令和1年度 学生実習生)


11週間の病院実習、大変ありがとうございました。先生方には、ご多忙の中にも関わらず丁寧なご指導を頂き、とても充実した実務実習を送ることができました。
初めての病院薬剤部における実習で至らない点も多々あったとは思いますが、病棟での患者面談や服薬指導など多くの機会を与えてくださり、それに挑戦させて頂いたことを有難く思っています。薬局実習の時とは違った患者様とのコミュニケーションの取り方を学び、患者様に寄り添うという気持ちを一層意識させて頂くことができました。また、そこで触れることのできた希少な症例に対して学習し発表するという機会も設けて頂き、自分にとって大きな経験になりました。

また、NSTや緩和ケア、退院時カンファレンス、薬剤師による化学療法支援外来などに同行させて頂き、医師や看護師など他の医療従事者とのチーム医療を間近で体験できたことはとても貴重な経験となり、自分が今後薬剤師としてどのように関わるべきかを考えさせられました。

さらには、皮膚科や神経内科における医師の外来診察の見学や、治験審査委員会や薬事委員会などの見学という、普段は体験することのできない貴重な機会も与えて頂きました。また病院でしか経験できない製剤業務やDI業務、治験業務などを学ばせて頂き、抗がん剤調製や院内製剤調製、TPN調製など、実技的な学習も経験させて頂いたことで、大学では学び得ない事を多く学ばせて頂くこともでき、薬剤師を目指す上で大きな糧となりました。

病院実習が始まったころは不安と緊張で、実習に取り組めるかどうか自信が無かったのですが、佐賀大学医学部附属病院薬剤部の雰囲気がとても良く、先生方が温かく接し、親身になって教えて頂いたことで、自信を持つことができ、11週間の実習を終えることができました。このような素晴らしい環境で実習をさせて頂いたことには、感謝の気持ちが絶えません。

今後は、病院実習で得た経験を活かして薬剤師国家試験に向けてより一層勉学に励み、先生方のような薬剤師になれるよう頑張っていく所存です。11週間のご指導、本当にありがとうございました。
(令和1年度 学生実習生)


このたびの実習では、藤戸部長をはじめ薬剤部のみなさまには、お忙しいにもかかわらず、優しく丁寧なご指導をいただき、誠にありがとうございました。

11週に及ぶ実習を無事に終えることができましたのも、ひとえに先生方があたたかく受け入れてくださったおかげだと感謝しております。

机上では決して学ぶことのできない現場ならではの貴重な経験は、実習生の私の生活をとても充実したものにしました。

調剤をはじめ、院内製剤、抗がん剤調製、医薬品情報管理、治験、TDM、病棟等のさまざまな業務の経験や、最後には病理解剖の見学までさせていただきました。なかでも病棟では、実際に患者さんに服薬指導をさせてもらい、指導の難しさも実感しましたが、患者さんからの温かい言葉も頂き、病院薬剤師として働きたいというかねてからの私の思いが強くなりました。

それから、NSTや緩和ケアのカンファレンス、糖尿病教室と他職種の先生方と各々の専門分野から意見を出し合うといったチーム医療を実際に見学参加できたことが印象深く、病棟での薬剤師の役割や、重要性について考え、学ぶことができました。

病棟やチーム医療で他の医療スタッフに意見を求められている薬剤師の先生方の姿を見て、ただただ頼もしいというほかはないと思ったのと同時に、これから先は日々精進して知識を深めていくことが大事なんだということを痛感しました。

繰り返しになりますが、これらの実習を通して、病院、薬、病気、患者さんとの接し方など、様々なことを学んだり考えたりすることができました。

初めは不安と緊張でいっぱいでしたが、先生方の身に余るご指導のおかげで、短い期間ではありましたが、自分なりに少しは成長できたような気がします。

何より、佐賀大学医学部附属病院の薬剤部はとても雰囲気が良く、どの先生方も薬剤師としての意識がすごく高く、とても輝いて見えました。このような恵まれた環境で実習をさせて頂くことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして私も、そういう先生方のような立派な薬剤師を目指そうという気持ちが、いっそう強く確実なものになりました。

今後は、この病院実習で得た経験を毎日の勉強の糧にして、さらに頑張っていく所存です。 11週間本当にお世話になり、ありがとうございました。 (平成25年度 学生実習生)


がんセンターの木村教授のご指導のもと、3カ月間にわたり「がん薬物治療」について研修をさせていただきました。薬局薬剤師として大学病院の先生方から直接ご指導頂けたことは、非常に貴重な経験となりました。研修では血液内科、呼吸器内科、消化器科の患者さんを対象に外来診察、カンファランス・回診、を見学させていただき、また、外来化学療法、移植に伴う化学療法(病棟)、においてはレジメン内容や管理上のポイントと共に学ばせて頂きました。

外来見学では(1)医師による薬の説明の仕方、(2)副作用モニタリングと治療効果・治療方針の説明の実際を学びました。これらは今後の服薬管理の際の参考となりました。

保険薬局では治療に関する患者情報に乏しく、通り一遍の服用指導に終始することが多々あります。この研修により治療背景や病院で受けた検査内容、診察時の医師と患者さんの話の内容を推測できるようになりましたので、情報不足の現実がある一方でより薬学的に充実した服薬管理が可能になると思います。これらの研修の学びを、服薬管理やチーム医療の実践、先生方の診療サポートに繋げていきたいと考えています。そして、保険薬局で得られた患者情報を医療機関へフィードバックするという課題にも取り組んでいきたいと思っています。

また、希望により「骨髄移植」と「病医解剖」を見学させていただきましたが、「命の尊さ」や「チーム医療の実際」を体感することが出来たと思っています。このような貴重な経験が出来たことも、薬剤部の先生方が研修生の希望に幅広く、迅速に応えてくださったお陰と心から感謝している次第です。

今後、私たち保険薬局薬剤師は、機会を作っては大学病院で学びその経験を広く地域医療の中で患者さんのために生かしていくことが出来たら良いと思っています。

短い期間でしたが、先生方にはお忙しい中、懇切丁寧にご指導を頂きありがとうございました。

今後も病薬、薬薬の連携を図りつつ、双方が手を取り合いながら、より良い医療を患者様へ提供していくことができたらこれに勝るものはないと思っております。 (平成25年度 薬局薬剤師研修生)


11週間にわたり大変お世話になりました。薬剤部に先生方には、ご多忙にも関わらず丁寧にご指導頂き、内容の濃い毎日を過ごすことができました。実務実習中は調剤業務や病棟業務の他にも、DI業務やTDMの実施、抗がん剤の調製、院内製剤の調製、治験、NSTや緩和ケアといったチーム医療への参加など多岐にわたる業務を経験することができました。薬剤師の活躍の場は調剤室だけではないということ、またチーム医療の一員として他職種との関わりを持つためには専門分野以外の幅広い知識、経験が必要だと感じました。

さらに、病棟業務では、薬剤師の先生方の服薬指導の様子や実際の服薬指導体験を通し、コミュニケーションの難しさ、大切さを痛感しました。

今回の実習で、常に患者さんの立場に立ち業務を行われている先生方の姿を拝見することができ、貴重な11週間を過ごすことが出来たと思います。この貴重な経験を活かし、残りの学生生活を充実させられるよう努力していきたいと思います。実習は毎日がとても楽しく、佐賀大学病院で実習できて良かったと感じました。ありがとうございました。 (平成25年度 学生実習生)


佐賀大学では医学部の附属病院で質の高い病院実習をすることができました。調剤室では多くの種類の薬を見ることが出来、注射剤と内服薬での違いなどを勉強することができました。また、藤戸薬剤部長の『他の病院では体験出来ないことをさせたい』という信念の元、病理解剖見学や系統解剖見学をさせて頂き、また系統解剖見学では薬学部の勉強では習うことが出来ない体の構造や外見的なものを習うことができました。また病棟実習では病棟薬剤管理業務などについて学ぶことができました。佐賀大学で本当に質の高き研修をすることができました。 (平成25年度 学生実習生)


佐賀大学医学部附属病院で11週間の実習を通して、大学では学ぶことのできない臨床における薬剤師の役割など多くのことを学ぶことが出来ました。調剤室、製剤室、DI、治験、TDM、病棟業務など、それぞれの業務において担当の薬剤師の先生の下で学ぶことで、理解を深めることが出来ました。また、手術室や検査部、放射線部、透析室など病院内の多くの部署を見学させて頂き、それぞれの部署でどのような薬剤が使用され、薬剤師がどのように関わっているかを知ることが出来ました。緩和ケアのカンファレンスにも同行させえて頂き、チーム医療における薬剤師の役割そしてチーム医療の大切さを学び、これからもっとチーム医療において薬剤師が必要とされるにはどのようにしていくべきかなどを考えることが出来ました。病棟業務では、担当の患者さんをもたせていただき、投薬日には薬の説明や副作用の説明などを行い、投薬日以外にも日々の体調変化や薬の副作用の対応などを行うことで、患者さんとのつながりの大切さ、患者さんを担当する上で一番必要な信頼関係の築き方を見学するだけではなく実際に経験させていただくことで深く学ぶことが出来、また、自分に足りないもの、これからさらに学ぶ必要があるもの改めて気づくことが出来ました。さらに、佐賀大学病院の実務実習では解剖の見学をさせて頂けるので、人の体のつくりや病気によってどのように臓器が変化していくのかなど教科書だけでは学べないことを学ばせて頂き、人間の生と死についても考えることができ、本当に貴重な体験をさせて頂きました。先生方の熱心な指導の下でさせて頂いた実習は学ぶとこが多く、感謝の気持ちでいっぱいです。実習を通して学んだことを無駄にはせず自分自身に還元していけるように頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。 (平成25年度 学生実習生)


2ヶ月間、薬剤部での研修をさせて頂きました。病院薬剤師としての経験が浅い中での研修で、不安もありましたが、薬剤師の先生方に優しく丁寧に教えてもらいました。 研修では、抗がん剤の調整をはじめ、病棟業務、緩和ケアなどの研修をさせて頂き、各種カンファレンスなどにも参加させてもらいました。また、病理解剖など普段経験できないことも、見学させて頂き、毎日が充実した研修を行うことができました。

薬剤師の活躍の場は薬局内だけでは無いということや、チーム医療の一員として他職種と関わりながら働くためには多くの知識と経験が必要だと感じ、今後は知識・経験はもちろん、患者さんをはじめ、病院スタッフとのコミュニケーション能力も高めて業務に励みたいと思いました。
貴重な研修をさせて頂き、本当にありがとうございました。 (平成25年度 薬局薬剤師実習生)


この度は2.5ヶ月間にわたる病院実習を引き受けて下さりありがとうございました。薬剤部のみなさまの親切丁寧にご指導頂いたおかげで充実した実習を受けられることができました。

最初は病院現場での実習を何も分かっていないような状態でしたが,沢山のことを学ぶことができました。週ごとに組まれている分野別の実習,薬学部ではなかなか体験することのない腹部エコーを医学部の先生の指導の下行い,画像による診断方法も少し学ぶことができました。また,病理解剖を見学する機会を通して死について考えることは,医療者として,命を預かる者として,患者さんと接していく中で大切なことだということも学びました。

そして何より勉強になったのは実習を締めくくる病棟業務でした。様々な病棟を回り,疾患や治療について知り,カンファレンスや,患者向けの教室など実際に参加することができたことは私にとって得難い経験となりました。指導して下さった先生方も知識が豊富で,医師や看護師といった他職種の方,患者さんとコミュニケーションを取られているところを拝見すると病棟での薬剤師の必要性というものを実感することができました。

私は,病院実習の前に薬局での実習を経験しました。両方の実習を体験し,互いの業務の違いを知ることができ,将来自分がどのような薬剤師になりたいか,どのようなことを学びたいかなどを考える機会となりました。

まずは病院で学んだことを活かして国試勉強に取り組みたいと思います。先生方には本当にお世話になり,ご指導頂きありがとうございました。  (平成25年度 学生実習生)


2ヶ月半にわたり実習をさせていただき、実際に病院で働いている薬剤師さんがどのようなことをしているのか、患者さんや他の医療スタッフ (医者や看護師など) の方々とどのように接してコミュニケーションをとっているのかなどを知ることができました。

薬剤師の業務として調剤や服薬指導はもちろんのこと、TDM、治験、化学療法、緩和ケアやNSTといったチーム医療の参加など多岐にわたって医療に貢献しており、薬剤師の重要性を感じとることができ、とてもいい経験ができました。

佐賀大病院では「腹部エコー体験」や「病理解剖」など医学部でしか学ぶことができない内容を薬剤師も学ぶことができることも特徴的だと思います。

特にその2つの中で印象的に残ったのは「病理解剖」でした。

私は先ほどまで生きていた人の死に今まで直面したことがなく、病理解剖を経験することで、「人の死」について深く考えるようになり、またそのことをふまえて、患者さんとどう関わることが薬剤師として大切か、患者さんが求める薬剤師についても考えるようになりました。

このようなことは人それぞれ感じとることは違うと思いますが、医療人にとっての患者さんは、"治療するだけの人"だけでなく"サポート"も求めているヒトではないかと考え、"患者さんの心の声にも耳を傾けられる"・"患者さんから信頼される"「薬剤師」に成長できるよう努めようと考えるようになりました。

佐賀大病院では、このように勉強はもちろんエコーや病理解剖といった他の病院ではなかなか味わえない様々な体験ができるため、実習生には大変いい勉強になる所だと思います。  (平成25年度 薬局薬剤師実習生)


page top

職員からのメッセージ

私は、見学の際に時間をかけて薬剤部を紹介していただき、その雰囲気の良さや経験年数に縛られる事無く様々な業務に取り組む事ができる体制に魅力を感じて当院を選びました。先輩薬剤師の方々は丁寧に指導をしてくださいます。そしてさりげなくフォローをしてくださるので、悪戦苦闘の日々ですが安心感を持って働くことが出来る環境だと思います。

これからも薬剤師としての知識の習得はもちろん、他の医療従事者や患者様へ+αを提供できるよう努力していきたいと思います。 (平成25年度 入職)


病院薬剤師として働き始めてもうすぐ約1年となりますが,業務をこなす中で日々思うことは,人の命に関わる薬剤師としての仕事の責任の重さです。しかし,患者さんから「ありがとうございます」と言ってもらえる度にもっと患者さんの役に立てるよう頑張りたいと感じています。病院薬剤師は様々な知識が求められる上に夜勤などもあり大変ですが,佐賀大学病院薬剤部はとても勉強熱心で知識が豊富な先生方ばかりで,自分も頑張らなくてはと思える場所です。また大学病院の薬剤部は人数が多いので,飲み会やイベントなども盛り上がりとても楽しいです。大学病院は本当に色々なことを学ぶことができ,またその機会を得る可能性が高いところなので薬剤師として成長できる職場だと思います。 (平成25年度 入職)


当院では、病棟薬剤業務を行っているため、患者さんと接する機会の多い職場だと思います。1年目で分からないことは多いですが、知識的にも精神的にもサポートしてくれる先輩がいるので、安心して働くことができています。 (平成25年度 入職)


佐大病院では1年目から調剤、病棟業務、無菌調製など多岐にわたる業務を行うことが出来、大学で学んだことを最大限に生かすことが出来ます。大変なことも多いですが、先輩方は嫌な顔ひとつせず丁寧に仕事を教えてくれます。来年、皆さんと一緒に働くことができるのを楽しみにしています。 (平成25年度 入職)


当院で働きたいと思ったのは,幅広い分野の薬学的知識を勉強でき,その中で自分に合った専門性を見つけることが出来る環境が整っていると思ったからです。また,見学の際に薬剤部だけでなく院内の様々な部署を紹介していただき、その雰囲気の良さや新人への教育体制に魅力を感じました。

実際入職して,医療の第一線で活躍される先生方の,発展・進化に向け日々努力を積み重ねる姿を目の当たりにし,とても刺激を受けています。

またプライベートでも,学会やソフトボール大会や夏のバーベキューなど催し事も多くとても仲のいい部署です。これからも毎日精一杯働き,楽しみながら勉強していきたいです。 (平成25年度 入職)


私が佐賀大学附属病院に入職してもうすぐ1年がたとうとしています。私の場合、早い段階で病棟へ行く機会を与えて頂き、周りをみながら行動しチームの一員であることに自覚と責任をもちながら業務を行わなければならないと感じる日々でした。まだまだ分からないことばかりですが、専門的な知識を持った先輩薬剤師にフォローして頂いたり、相談できたりと日々成長出来ます。今はまだ日常の業務をこなしていくことで精一杯ですが、毎日やりがいを持って業務にあたっています。自分がやりたい事、様々な事を早くから挑戦させてくれる!そんな恵まれた環境だと思います。 (平成25年度 入職)


薬剤部には、経験豊富な先生方からエネルギッシュな若手まで多くの薬剤師が勤務しており、現在男女比はほぼ同じくらいです。佐賀大学には薬学部がありませんので、出身大学も国公立から私立まで様々でバラエティー豊かです。病棟薬剤業務の充実化を進めているので、各病棟担当者は医師や看護師と話す機会も増え、これまでより患者さんに近いところで業務にあたる時間が増えています。医師や看護師から各自のPHSに直接連絡がくることも日常茶飯事となりました。病棟と担当薬剤師間で顔が見える関係が築かれつつあると思います。実際に、病棟薬剤師によって副作用の早期発見につながったり、服用間違いの回避につながったりした事例が毎月報告されています。病棟でなくても、抗がん剤調製時に検査値などをもとに薬剤師の提案で投与量が変更されたり、副作用予防の薬剤が追加されることもあります。若い薬剤師もいろいろな経験を積みながら徐々に頼もしい表情を見せるようになり、日々成長していることを感じます。そしてそんな若い薬剤師たちに刺激を受けて私たちも患者さんのためにもっと成長しなければと感じています。

小さな子供がいる男性薬剤師も多く、子供の急病など不測の事態もありますが、理解ある上司と仲間に助けられながら協力して仕事と家庭・育児の両立を実践しています。また、現在育児休暇中の女性薬剤師や今後産休に入る予定の薬剤師もいますが、退職することなくまた戻ってきてくださる予定です。経験が貴重な財産となる仕事ですので、女性が長く勤務しやすい環境づくりは重要だと思います。

まだまだ改善点はたくさんある薬剤部だと思いますが、これから入職してくる薬剤師と力を合わせ今よりも医師、看護師の、そして患者さんの力になれる薬剤部を目指したいと思います。当院で実習する薬学部生や一緒に勤務する薬剤師をお待ちしています。 (平成21年度 入職)