薬剤部の紹介
薬剤部長より
概要
特色
施設認定
専門薬剤師、認定薬剤師数
後発医薬品の採用
学生・実習希望の方へ
学生・実習希望の方へ
製薬会社の方へ
製薬会社の方へ
院外薬局の方へ
院外薬局の方へ
求人情報
求人情報

佐賀大学医学部附属病院薬剤部

薬剤部長より


教授・薬剤部長
島ノ江 千里

佐賀大学医学部附属病院は、「患者さんと医療人に選ばれる病院」を目指しています。
 本院の薬剤師は、高度で安全な薬物療法を患者さんに届けるために、病棟でのチーム医療やシームレスな地域医療との連携に努めています。薬剤部で行う「症例カンファレンス」や「研究カンファレンス」だけではなく、医師らの病棟カンファレンスへ参加する機会も多くあり、医療スタッフや患者さんに信頼される医療人として成長し、適正な薬物療法支援ができるように、積極的に自己研鑽を行っています。これらにより習得したスキルは、「未来の薬剤師や地域の薬剤師」の育成にも活かされていきます。
 私たちには「大学病院の薬剤師」として病気で苦しむ患者さんに貢献できるよう、信頼性の高いエビデンスに基づく論理的な思考により、薬物療法の有効性・安全性を適切に評価・検証していく責務があります。臨床力と研究力の双方を高める環境、明るく元気に働ける職場を目指し、薬剤師と薬剤部のスタッフ全員が生き生きと医療現場で活躍できるよう薬剤部長として尽力したいと考えています。そして、医療に対する様々な社会要請に応えるために、チームワークの良い薬剤部の仲間たちと一丸となって新たな道を切り開き、「薬剤部」という枠を超えて柔軟にかつ前向きに取り組んでいきます。

概要

薬剤部には、調剤室、注射薬調剤室、製剤室、薬物療法支援室、医薬品情報室、試験研究室、治験薬管理室、薬務室があります。

薬剤部では、外来調剤(院外処方95%)、入院調剤、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、院内特殊製剤の調製、薬物血中濃度の測定と解析、患者服薬指導、医薬品情報の提供、治験や臨床研究の支援など、医薬品に関するあらゆる業務を行っており、24時間体制で医薬品の適正使用と医薬品に関連する医療事故の防止に努めています。このほか、医学部学生の臨床実習、薬学部学生の病院実習、薬剤師研修などを通じて、これからの医療を担う医療スタッフの教育や育成も行っています。

特色

私たち病院薬剤師は、患者さんに安心・安全で最適な薬物治療を受けていただくことを目標に、医薬品の供給と医薬品情報の提供などの薬剤業務を行っています。

すべての病棟に専任薬剤師を配置し、チーム医療において薬剤師としての専門性を活かして、薬物療法のチェックや患者さんへのお薬の説明をするなど、医師や看護師などの医療スタッフと協力して、入院患者さんの満足度が向上するよう努めています。また、抗がん剤による治療を受けている患者さんには、薬剤師が投与計画のチェックから抗がん剤の無菌調製にまで関与して、安全ながん化学療法をサポートしています。このほか、糖尿病、感染症、緩和ケア、栄養管理などの専門知識を持った薬剤師がチーム医療の一員として、患者さんに説明し、納得して治療を続けられるように支援しています。さらに、お薬を投与後の血中濃度を測定して解析することにより、有効性を確保して副作用を防止するなど、個々の患者さんに最適な治療法を医師に提案しています。

病院薬剤師として患者さんに喜ばれる業務を行うには、質の高い人材が必要です。大学病院であり、特定機能病院でもある当院の薬剤師は、病院薬剤師としての総合的な薬剤業務の基本技術と基礎知識を身につけ、更に、より専門性の高い臨床における薬物療法の経験を積むことにより、臨床能力の高い臨床薬剤師を目指して研鑚をしています。

当院では薬剤師としての基本業務と病棟における臨床業務をバランスよく習得して、患者さんの薬物療法に活かすため、薬剤師は初年度から薬剤業務と病棟業務の両方を担当し、臨床能力の向上を目指しています。

施設認定


専門薬剤師、認定薬剤師数

資格 人数
がん指導薬剤師                                         1
がん専門薬剤師(日本医療薬学会認定) 2
がん薬物療法認定薬剤師 5
外来がん治療認定薬剤師 1
感染制御認定薬剤師 1
腎臓病薬物療法認定薬剤師 1
精神科専門薬剤師 1
精神科薬物療法認定薬剤師 1
日本糖尿病療養指導士 1
NST専門療法士(薬剤師) 4
スポーツファーマシスト 1
日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 7
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 5
日病薬病院薬学認定薬剤師                       9
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 4
日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 6
日本医療薬学会認定薬剤師 3
日本医療薬学会指導薬剤師 1
薬学博士 4
医学博士 3
2020/06/01現在

後発医薬品の採用

厚生労働省の後発医薬品使用促進の方針に従って、 当院でも後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいます。