業務内容
薬物療法支援室
製剤室
医薬品情報室
試験研究室
調剤室
治験薬管理室
薬務室
学生・実習希望の方へ
学生・実習希望の方へ
製薬会社の方へ
製薬会社の方へ
院外薬局の方へ
院外薬局の方へ
求人情報
求人情報

佐賀大学医学部附属病院薬剤部

薬物療法支援室


医師・看護師との連携

薬物療法支援室では、まず入院日に患者さんが持参された薬を確認し、入院から退院までの間、より安全でより効果的な薬物治療が行えるように支援しています。たとえば、直接ベッドサイドに出向き、薬の正しい使い方や効果・副作用の説明などを行い、時には体の調子をたずねて副作用が出ていないかを調べたり、薬どうしの飲み合わせの善し悪し(相互作用)をチェックしています。

各病棟担当の薬剤師が、医師や看護師などと連携をとりながら、医療チームの一員として活躍しています。

製剤室


抗がん剤の無菌調製

製剤室では、院内製剤の製造と注射薬の混合調製を行っています。

院内製剤の製造

高度先進医療の観点から、市販されていない薬剤を院内専用の特殊製剤として製造して、治療に貢献しています。

注射薬の混合調製

無菌製剤の技術や設備を用いて個々の患者さんの中心静脈栄養(TPN)や抗悪性腫瘍薬の混合調製を行っています。

医薬品情報室

院内外の医師、看護師、薬剤師、その他の医療従事者および患者さんに向けて、薬物療法上の有用情報を提供しています。

医薬品情報室には、当院において採用されている全ての医薬品の情報はもとより、採用されていない医薬品や大衆薬の情報、医薬品に関する書籍などが配備されています。このような情報をもとに院内外各部署からの問い合わせに対応するとともに、必要に応じてリアルタイムな情報を発信しています。

試験研究室


薬物血中濃度の測定

治療薬剤の血中濃度の測定結果から、薬物療法が適正に行われているかを評価しています。

また、必要に応じて投与設計を行い、薬剤の適正な投与方法を医師に提案しています。

調剤室


処方・調剤内容の監査

処方された薬の飲み方や使い方、量、相互作用などをチェックした後に、薬をつくり、患者さんに飲み方や使い方の説明などをして渡すまでを調剤といいます。調剤室では、入院患者さんおよび外来患者さんの調剤を行っています。

内服・外用薬調剤室


自動錠剤分包機による一包化調剤

電子カルテシステムで医師が処方箋を入力するとすぐに調剤することが可能であり、かつ相互作用や副作用も入力時にチェックできるため、より安全に薬を提供することができます。また、外来患者さんには、薬の効果や副作用の情報を提供しています。

医師や患者さんより依頼があった場合、自動錠剤分包機を用い、錠剤・カプセル剤を1回服用量毎に一包化(One Dose Package)にして調剤しています。

注射薬調剤室


定時注射薬のカート払い出し準備

注射薬調剤室では、注射薬を適切に品質管理し、処方された注射薬は、注射薬自動払出装置により、患者さん毎に一処方分をセットして病棟に払出しています。

また、院内で使用する麻薬の管理(出納、検収、保管、廃棄)も併せて行っています。

治験薬管理室


治験依頼者との打合せ

治験薬管理室は薬剤部のほぼ中央に位置し、院内の治験薬(まだ開発段階の薬)を管理しています。

業務としては、治験依頼者(通常、製薬会社)から治験薬を受け入れ、これを管理し、治験終了時に依頼者への返却までを行います。治験薬が処方された際には、治験薬の調剤、監査、被験者(患者)さんへの払出しを行っていますが、特に、払出しの際は、被験者さんに治験薬の服用方法や使用方法等の間違いによる事故がないよう十分に説明します。

また、治験を円滑に進めるためには、被験者さんと治験実施医師の両方を支援する治験コーディネーター(CRC)と言われる職種のスタッフが欠かせません。治験管理室では、これらのCRCとも十分な連携をとり、常に被験者さんの安全を第一に考えながら業務に取り組んでいます。

薬務室


医薬品の発注

薬務室では、院内において医薬品を安全かつ効率よく治療現場に提供するために、医薬品の購入から管理・供給に関する業務の全般を行っています。近年の新薬開発はめざましく、地域の方々へ最新の薬物療法を提供するため、新規薬剤の購入時には特に安全性・有効性に注意しながら迅速に対応するよう努めています。また、医薬品の不良在庫を無くすため、在庫数は必要最小限にすると共に、新規薬の購入に際しては、類似薬を削除するなど、無駄のない医薬品管理に努めています。このような院内の医薬品の採用・削除などは、薬剤部長が主催する薬事委員会で決定がなされていますが、薬務室では会議の運営もしています。また、医療事故防止における薬の専門家としての薬剤師の位置付けは特に重要であり、他職種からの期待も益々大きくなっています。薬務室では院内における医療安全確保のための各部署との調整を担当しています。